<< 久しぶりに歌舞伎町 | main | 今後のライブ >>

ハダカノココロ2017 セルフレポ

2017.03.14 Tuesday | by tammy
3/11 町田ThePlayHouse
「ハダカノココロ2017」
〜セルフレポ〜


一昨日になりましたが、町田ThePlayHouseで行いました「ハダカノココロ2017」にお越しいただいた皆様、ありがとうございました!

出演者を決めたのが昨年4月、実際に準備が始まったのが昨年8月。
長い1年が終わったなぁという感じ。


今年で6回目、そして昨年に続きホストバンドを据えた形態でのライブでした。

まず今年はこの形態でのライブに自信を持ったというのが素直な感想です。
昨年に引き続きピアノにジョニー笹川、パーカッションに堀田壮一郎、ベースに武田将、アコースティックギターとコーラスで田宮、そして田宮ボーカル時には出演者でもある松田沙季にコーラスで参加してもらいました。

松田以外は昨年と全く同じメンバーであったため、出だしはともかくリハーサルを重ねるにつれて楽曲の仕上がりも速く、またライブでの臨機応変さも昨年とは比べ物にならないものでした。


特に松田のライブで彼女が出だしのメロディラインを見失った「メルトムーン」でのジョニー笹川の素早いフォロー、そしてそれを想定して事前にジョニー笹川にその旨を伝えていた武田将の機転の利いた行動などは素晴らしいものでした。

リハーサルでの堀田壮一郎のアイデアの豊富さ、ライブでの歌心のあるプレイもさすがとしか言えません。

本当にこのメンバーで良かったと心から思っています。


さて、ライブですが、オープニングは田宮とジョニー2人のみでCOLDPLAYのEVERGLOWを。
歌詞の内容がこのイベントに合っているなぁと思い選んでみました。


そして松田沙季から本格的にイベントがスタート。
さすがに緊張していたかな?と。
まぁ我々バンド側も緊張していましたが(笑)
じきに彼女もいつも通りになり、最初からお客さんを盛り上げてくれてイベントとして良かったなと。

このイベントでは毎年各アーティストにカバー曲を歌ってもらっていますが、松田沙季は荒井由実さんの「まちぶせ」を選んでくれました。
彼女曰く「みんなに似合うと言われた」と。

で、この曲で田宮は初めてピアニカをライブでやってみました。
ギタースタンドに括ってギターと交互のプレイ。
まぁ指が震えましたな(笑)

彼女のライブでは楽曲として個人的に好きな蒲公英、Trailが印象的でした。
この2曲ともリハーサルにおいてかなりの時間をかけてみんなでアレンジしたこともあります。

メルトムーンではエンディングにビートルズのHey Judeを意識したメロディを加えてみました。
もし彼女が気に入っていたら今後も歌ってくれないかな?と密かに期待しています(笑)


続いては野上昭宏さん。
共同企画者として6回全てに参加していただいていますが、本格的な出演者としては初。

野上さん自身久しぶりのライブということ、そして原曲のアレンジがかなり複雑なこともあり、バンド側のリハーサルも3組の中で最も時間をかけました。
中でも今回一番原曲からアレンジしたのが「メロディー」という曲。
野上さんが別件で不在の間も延々とバンドメンバーみんなでアイデアを出し合いながらアレンジした時間は本当に楽しかったです。

野上さんボーカルの時間はやはり一番緊張しました。
町田の大先輩だし、何よりお客さんやプレハスタッフが楽曲をよく知っているだけにやらかすわけにはいかない、と(^_^;)

そんな中でも「小さな手の平」の前での野上さんのMCは我々バンド側も思わずニヤけてしまうぐらい和やかなものでしたし、またこの楽曲自体もバンドメンバーみんながリハーサル時から一番気に入っていたこともあって楽しくやれました。
それがあったからこそ最後の「たどりつく場所」をやり切れたと。

リハーサルでは一度もちゃんとギターを弾けなかったんですよ(笑)
だから本番でほぼミスもなくやれたのは奇跡。
終わった後には野上さん含め、メンバーみんなから「今までで一番良かった」と言われホッとしました。
田宮出演前の転換時にはメンバーみんなで「たどりついたな」と笑ってました。


田宮自身のライブですが、まぁ観た方はわかると思いますが、コーラスで参加してくれた松田沙季、バンドメンバーに支えられっぱなしのライブでした。
ぶっちゃけ、前述のように野上さんの時間で「たどりついた」ため(笑)フラフラでした。

そんな中でも本編ラスト前に歌った「道〜The Song For Us」。
リハーサルでも泣きそうだったんですが、本番では震えました。
みんなで合唱するこの曲。
俺、合唱が好きなんですよ。
やりながら心を揺さぶられました。
人の声が一つになった時のパワーって凄いんですよ。
何も敵わないぐらいで。
またやりたいな。

アンコールはMy Home Town。
野上さんにも参加していただいての演奏でした。
もうほとんど歌ってなかった(笑)
松田と野上さんとお客さんにお任せでした(^_^;)




3.11を楽しい思い出が溢れる日にしよう、という趣旨のこのイベントですが、6回目にしてようやくこの趣旨に片足を突っ込めたかなと。
それは出演者側はもちろん、今回ステージからお客さんの表情を見て「楽しんでもらっている」という確信を持ったから。

もちろん松田沙季も野上昭宏さんも東北へ足を運んだ時のエピソード、そしてそれぞれの想いを話してくれて、この日の意味をあの場にいた全ての人がそれぞれなりに感じてくれたと思っています。

でもまだまだです。
まだずっとずっと3.11はあるのだから。


出演者のみんな、ThePlayHouseスタッフの皆さん、お越しいただいた皆様、応援してくれた皆様、いつも田宮を気遣い接して下さる野上さん、田宮の身近なところで支えてくれた人、そして今でもたくさんの思い出を与え続けてくれる東北

ありがとう!



2017.3.11@町田ThePlayHouse
田宮俊彦&野上昭宏Presents
「ハダカノココロ2017」
〜セットリスト〜

(オープニング)
EVERGLOW〜COLDPLAYカバー(田宮&ジョニー笹川)

(松田沙季)
スタートライン
弾丸
Alone
まちぶせ(荒井由実カバー)
Trail
蒲公英
メルトムーン


(野上昭宏)
with or without you(U2カバー)
メロディー

小さな手の平
たどりつく場所


(田宮俊彦)
君がふるさとになれば
時をこえて
Message
道〜The Song For Us(STARDUST REVUEカバー)
Home
〜encore〜
My Home Town



ハダカノココロ2017 メンバー
Vo.&Cho.松田沙季,野上昭宏,田宮俊彦
Pf.ジョニー笹川
Per.堀田壮一郎
Ba.武田将




スポンサーサイト

2017.12.17 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Sponsored links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM